コラム

 公開日: 2016-08-06  最終更新日: 2016-08-12

日本の住まい①

建具(入り口扉)

各部屋へ入るところには建具があります。
開き戸、引戸、折れ戸
使う場所、使い勝手によってそれぞれの扉が使われています。

日本文化ではそのほとんどが“引戸”です。
そして、夏を旨とすることから開ける文化です。
逆に西洋文化は開き戸で閉じる文化です。


小泉八雲旧宅

自然と共存し受け入れて柔軟に対応することで侘び寂びを楽しむ住まい方をしてきた日本の住まいには
扉を開けてすごす形が自然と生まれてきたのです。

さらには御簾、衝立、暖簾、障子などを使って季節や用途に合わせて間仕切る工夫なども今の住まいに取り入れてもいいのではないでしょうか。

この記事を書いたプロ

有限会社 バリア・フリー工房 [ホームページ]

建築家 高橋龍次

宮崎県宮崎市大淀2-5-5 [地図]
TEL:0800-111-6886

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
高橋龍次 たかはしりゅうじ

家はただの空間に非ず、命を育む場所である!(1/3)

 「うわぁ!なんでこんなにいい空気なの?」思わず深呼吸をしてしまうほど気持ちのよい空間が、バリア・フリー工房の事務所です。取材の日は雨だったにもかかわらずジメジメ感なし、暑すぎず寒すぎず“快適”とはまさにこのこと。それもそのはず、バリア・フ...

高橋龍次プロに相談してみよう!

テレビ宮崎 マイベストプロ

体と心にいい素材のみを使用した暮らし方重視の健康住宅

会社名 : 有限会社 バリア・フリー工房
住所 : 宮崎県宮崎市大淀2-5-5 [地図]
TEL : 0800-111-6886

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0800-111-6886

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高橋龍次(たかはしりゅうじ)

有限会社 バリア・フリー工房

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
住まいは必然である

建物の形はプランは様々ですしかし決して同じものはありえない。そう考えます。地域の気候、風、光、...

飫肥杉③

南九州で育った飫肥杉は南九州の気候風土を知っています。それは夏の暑さ、湿度、冬の乾燥、そして南九州に生息す...

飫肥杉②
イメージ

杉は日本固有の木です。学名も(Cryptomeriajaponica)クリプトメリアジャポニカ意味は〝隠れた日本の財産〟...

飫肥杉①
イメージ

〝杉〟一口に言ってもその種類は国内に300種類もあると言われてます。宮崎県内でも、高千穂杉、霧島杉、飫肥...

バランス

西洋と東洋(日本)の思想は様々な違いを見せます。・西洋は石の文化、日本は木の文化・西洋は自然の克服、日...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ