コラム

 公開日: 2016-01-06 

冷え症の原因は食生活。気をつけるポイントとは?

これまでのコラムでも、冷え症の改善には食生活の見直しが大事だとお伝えしてきました。体を冷やす食材はもちろん、不規則な食事の時間、偏った食生活は、冷え症どころかいずれご自身の健康への影響も出てきます。
また現代では、菜食主義やファスティング(酵素断食)など、健康にまつわる食生活の情報もあふれていますが、こういった食生活の改善を試みる場合は、必ず事前に自らの体質や健康状態などをよく調べてから実施されることをおすすめします。

体を温める素材、冷やす素材

まず野菜やフルーツの効果を簡単に見極める1つの方法が「旬」と「原産地」です。

近年はスーパーに行っても、どの野菜が旬なのかわからなくなるほど年間を通してさまざまな野菜が並んでいますが、健康のためにも、できるだけ旬の素材を把握されたほうが良いでしょう。

冷え症の方には、冬の寒さに耐性のある=体を温める冬野菜が最適です。しかし、冬野菜の中には生のままで食べると体を冷やす素材もありますのでご注意ください。

また、南国原産のフルーツには体を冷やす効果が含まれているものが多いため、こちらも摂取量に気をつけましょう。なお、肉や魚、調味料にも体を温めるor冷やす素材があります。

バランス良く、好きなものは我慢せず

このように、素材の中には冷え症の改善に役立つもの、逆に摂りすぎると良くないものがありますが、これらを細かく分類し、調べながらいちいち食事を摂るというのは億劫でストレスもかかります。

そのため、基本的な食事のとらえ方として「バランス良く」「好きなものは我慢せず」ということを前提にしてください。

過剰に「旬の野菜、体を冷やさない素材」などとこだわるあまり、食事内容が偏り栄養バランスが欠けてしまっては本末転倒です。

体を冷やす素材は「摂りすぎに注意」ということがポイントであって、摂ってはいけませんということではありません。

また、好きな食べ物も「体を冷やす素材だから」と我慢しているような状態では、それがストレスになり自律神経に影響する可能性もあります。

好きな食べ物は、それだけで気分が高揚しホルモン値に影響することで、逆に体温を上げることもありますので、食べすぎない程度に、適量いただくのが良いでしょう。

日常的にコーヒー・緑茶を飲む方も注意

体を冷やす代表的な飲み物として言われているのが、コーヒーと緑茶です。寒い時期などは温かいコーヒーなどでホッと一息つきたいところですが、これらは利尿作用があるため「摂りすぎ注意」に分類されます。

逆に発酵茶である紅茶、しかもこれに生姜を加えたものなどは体を温める素材となるので冷え症の方におすすめです。

ただし、紅茶に甘みを加えたいときは、体を冷やす白砂糖ではなく黒砂糖やハチミツにされたほうが良いでしょう。

この記事を書いたプロ

はり・きゅうHARUリラクゼーション [ホームページ]

はり師 池原陽一郎

宮崎県宮崎市大淀4-3-6 南宮崎駅前・鮮ど市場向かい [地図]
TEL:0985-89-2690

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
池原陽一郎 いけはらよういちろう

一人ひとりの患者とじっくり向き合う事で根本的な悩みを改善(1/3)

 jr南宮崎駅前にある鍼灸院『はり・きゅうHARUリラクゼーション』を経営する池原陽一郎さんは、来院する患者の部分的な疾患治療にあたるだけではなく、患者一人ひとりのクセや行動、性格までも視野にいれた治療およびメンテナンスを行っている鍼灸師の...

池原陽一郎プロに相談してみよう!

テレビ宮崎 マイベストプロ

生活習慣や行動のクセを見極めた施術と改善のアドバイス

会社名 : はり・きゅうHARUリラクゼーション
住所 : 宮崎県宮崎市大淀4-3-6 [地図]
南宮崎駅前・鮮ど市場向かい
TEL : 0985-89-2690

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0985-89-2690

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

池原陽一郎(いけはらよういちろう)

はり・きゅうHARUリラクゼーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

流産を経験し、体質を変えたい、できることを全てしたい

【あなたにとって はり・きゅう はどんな感じでしたか?】 ...

H・A
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
お灸の種類①
イメージ

お灸って聞いたことあるでしょうか?昔から 『悪いことをしたらやいとをすえる』 という言葉があるようにずー...

[ 鍼灸いろいろ ]

痛くない鍼を追及する理由

前回まで3回に分けてご紹介させていただいた なぜ鍼は痛くないのか?なぜ鍼は痛くないのか①なぜ鍼は痛くない...

[ 鍼灸いろいろ ]

なぜ鍼は痛くないのか③

先日紹介した内容からさらに当院の鍼が痛くない理由について紹介させていただきます。なぜ鍼は痛くないのか①な...

[ 鍼灸いろいろ ]

なぜ鍼は痛くないのか②
イメージ

前回に続きなぜ 『はり』 が痛くないのかという理由を説明していきます。前回は なぜ鍼は痛くないのか① でお...

[ 鍼灸いろいろ ]

なぜ鍼は痛くないのか①

この仕事をしているとよく聞かれる質問です実際 『はり』 にも様々な種類があるので一概には言えませんが当...

[ 鍼灸いろいろ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ