コラム

 公開日: 2015-11-05  最終更新日: 2015-11-09

フランク・ロイド・ライト

こんにちは!!
浜砂住建の宮地です。

前回のコラムでは地盤の問題、
建築業界の問題に関して、私個人の
意見を書かせていただきました。

やはり家族で安らぐ住まいです。
値段だけで安易に決めてはなりませんね。


さて、今回からは3回に分けて
「近代建築の三大巨匠」を一人ずつ
紹介しようと思います。

第一回目は
「フランク・ロイド・ライト」




こんな感じの人です。
なんとなくすごい人っぽいですね(笑)

このライトという人は
1880年頃から1960年頃まで活躍した建築家で
主な代表作としては

・カウフマン邸(落水荘)


・グッゲンハイム美術館


・帝国ホテル


などが広く知られています。


めちゃかっこいいですね\(◎o◎)/


ライトが提唱していた思想に
「建築は有機的でなくてはならないのは確かだが、同時に住む人の美的要求に応え、社会の美しさを増すものでなくてはならない」
というものがあります。

この考えは現代でも多くの建築家や
デザイナー達に受け継がれ、
「フランク・ロイド・ライト財団」
なるものも在るほどです!!

そんな建築家たちのあこがれのライトですが、恋多き人としても有名で
1904年に竣工したチェニー邸の施主の
妻ママー・チェニーとの不倫騒動も有名です。


現代でも建築家たちに大きな影響を与えている
「フランク・ロイド・ライト」
私もあこがれの人物です。

代表作「カウフマン邸(落水荘)」
一度は見に行きたいなぁと思います!!



次回は「ミース・ファン・デル・ローエ」
について、ご紹介しようと思います。

お楽しみに!!




浜砂住建HP
http://takumibito.com/

facebook
https://www.facebook.com/takumibito1/timeline/

アメブロ
http://ameblo.jp/takumi-hama/

この記事を書いたプロ

有限会社 浜砂住建 [ホームページ]

不動産コンサルタント 宮地輝将

宮崎県宮崎市清武町今泉甲1010-8 [地図]
TEL:0985-85-5035

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
宮地輝将 みやちてるまさ

子どもにも高齢者にも、全世代が健康に暮らせる住まい(1/3)

 住宅建材に使用される化学物質が原因で起こるといわれているシックハウス症候群。これを予防するため、2002年の建築基準法改正により住宅建材では1種類の化学物質の使用が禁止。1種類が制限、11種類が指定値策定とされています。この基準が一般的と...

宮地輝将プロに相談してみよう!

テレビ宮崎 マイベストプロ

独自基準を設けた素材選びと技術で、本物の省エネ健康住宅を造る

会社名 : 有限会社 浜砂住建
住所 : 宮崎県宮崎市清武町今泉甲1010-8 [地図]
TEL : 0985-85-5035

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0985-85-5035

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮地輝将(みやちてるまさ)

有限会社 浜砂住建

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
耐震・制震・免震構造

免震建物と基礎との間に免震装置を設置し、地盤と切り離すことで建物に地震の揺れを直接伝えない構造です。 ...

[ 設計の考え方 ]

カラーコーディネート
イメージ

新築住宅を建てた時住宅のインテリアデザインは住んでからがらりとイメージが変わるものです。そ...

[ 設計の考え方 ]

クワガタ
イメージ

20年ほど前僕が小学生の時は夏になると家の近所の外灯にクワガタやカブトムシが飛んできていました...

[ 地球環境 ]

窓があっつい!!
イメージ

太陽がじりじりと暑いですねー!!!お盆を過ぎたとはいえまだまだ夏真っ盛り暑い日は続きそうです。...

[ 窓に関して ]

パッシブという考え
イメージ

こんにちは!!浜砂住建の宮地です。今回は“パッシブ”という住まいづくりの考え方を少し紹介します!...

[ 設計の考え方 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ