コラム

 公開日: 2015-10-02 

ダニが原因ならダニ除去すべし!

こんにちは!
浜砂住建の宮地です。


前回のコラムに引き続き
今回もアトピーに関して
お話をしたいと思います。


アトピー疾患をもっている人なら
だいたいの人が1度はしたことのある
IgE検査

ちなみにIgE検査とは下の表みたいな
検査結果シートがもらえるやつです。





上記表の様にハウスダストとヤケヒョウヒダニに
クラス6以上の反応を示している場合は
ダニアレルギー持ちの場合が多いので
対策が必要となるわけです。

しかし、受けている人は多くいても
検査結果自体あまり理解していない人や
意味のないものと思っている人が
多くいます。

自分のアレルゲンを知っておくという事は
とても重要ですので、やったことのない人は
ぜひ1度お勧めします。
(※IgE検査で全てが解るわけではないので、あくまで治療のための材料だと思って下さい。)


ちなみに、以前のコラムでも説明した通り
アトピーの原因は人によって様々なものが
有りますが、中でもポピュラーなダニアレルギーに
関して深く掘り下げていこうと思います。



それでは、そもそもアレルゲンとなる
ダニについて基本的なことをお話しします。

そもそもダニというのは日本だけでも数百種類
存在します。その中でも主にアレルゲンとなる
ダニは「ヤケヒョウヒダニ」と「コナヒョウヒダニ」
という2種類になります。
総称して「チリダニ」などと呼ばれることもあります。

この「チリダニ」は一般的にどこにでもいます。
住宅の中でいえば、布団、カーペット、ソファー、ぬいぐるみ等
繊維品に多く存在します。

中でも、布団に至っては多い場合1㎡あたり数千匹にも
なるほど存在しています。

想像するとゾッとしますね・・・

とても清潔に保たれている布団で
1㎡あたり100匹以下というところでしょうか
この状態が保てると非常に良い状態だと言えます。

チリダニの餌は人のフケや髪の毛、カビ、ダニの死骸などで
高温多湿が好きなので梅雨時期などには爆発的に繁殖してしまいます。

条件さえそろえば10週で2匹のダニが500匹にまで
増えるほどの繁殖力を持っています。

この様に、ダニは対策をしなければ
恐ろしい勢いで増えていきます。

しかし、対策さえすれば一気に減らすこともできるんです。


ちなみにアレルギーはダニ本体ではなく、死骸やフンに
対して反応します。
ダニは平均して一日で6回ほどフンをします。



それでは具体的なダニの減らし方ですが
第一は掃除を徹底し、住まいを常に清潔に保つ
という事です。
また、繊維品の中でも特に布団やカーペットなどは
出来れば毎日・少なくとも2、3日に1度は
掃除機をかけて下さい。

また、今まで特に対策をしたことのない布団なら、
丸洗いをする。というのも効果的です。


布団を干すというのもまぁ悪くは無いですが
そこまで重要ではないですかね…
ただ、布団をバシバシ叩くのはやめて下さい
ダニのフンや死骸はあまり落ちませんし、むしろ
粉々になって奥に入ってしまうという事もありますので。

ちなみに、炎天下の車中に布団を
入れてダニを撃退するという方法も聞いたことが
あります。
ダニは50度以上で死にますので
確かにいい方法だと思います。

しかし重要なのはあくまで、死骸や糞、人間のフケや髪の毛
を除去することですので、干した後などは必ず掃除機を
掛けるようにしましょう。



最後にダニの生息しやすい環境を
まとめます。
・高温多湿(梅雨時期など)
・カビやほこりが多い環境
・繊維品の多い環境
こんなところでしょうか。




住宅に関しても一緒に書こうと思っていたのですが
長くなってしまったので、次回にします!!

次回は、最後にお話ししたダニの生息しやすい
環境をできるだけ作らないような
住まい造りの方法を書きます。



次回もお楽しみに!!



浜砂住建HP
http://takumibito.com/

facebook
https://www.facebook.com/takumibito1/timeline/

アメブロ
http://ameblo.jp/takumi-hama/

この記事を書いたプロ

有限会社 浜砂住建 [ホームページ]

不動産コンサルタント 宮地輝将

宮崎県宮崎市清武町今泉甲1010-8 [地図]
TEL:0985-85-5035

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
宮地輝将 みやちてるまさ

子どもにも高齢者にも、全世代が健康に暮らせる住まい(1/3)

 住宅建材に使用される化学物質が原因で起こるといわれているシックハウス症候群。これを予防するため、2002年の建築基準法改正により住宅建材では1種類の化学物質の使用が禁止。1種類が制限、11種類が指定値策定とされています。この基準が一般的と...

宮地輝将プロに相談してみよう!

テレビ宮崎 マイベストプロ

独自基準を設けた素材選びと技術で、本物の省エネ健康住宅を造る

会社名 : 有限会社 浜砂住建
住所 : 宮崎県宮崎市清武町今泉甲1010-8 [地図]
TEL : 0985-85-5035

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0985-85-5035

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮地輝将(みやちてるまさ)

有限会社 浜砂住建

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
耐震・制震・免震構造

免震建物と基礎との間に免震装置を設置し、地盤と切り離すことで建物に地震の揺れを直接伝えない構造です。 ...

[ 設計の考え方 ]

カラーコーディネート
イメージ

新築住宅を建てた時住宅のインテリアデザインは住んでからがらりとイメージが変わるものです。そ...

[ 設計の考え方 ]

クワガタ
イメージ

20年ほど前僕が小学生の時は夏になると家の近所の外灯にクワガタやカブトムシが飛んできていました...

[ 地球環境 ]

窓があっつい!!
イメージ

太陽がじりじりと暑いですねー!!!お盆を過ぎたとはいえまだまだ夏真っ盛り暑い日は続きそうです。...

[ 窓に関して ]

パッシブという考え
イメージ

こんにちは!!浜砂住建の宮地です。今回は“パッシブ”という住まいづくりの考え方を少し紹介します!...

[ 設計の考え方 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ