コラム

 公開日: 2015-09-25 

大きい家のデメリットとは?

こんにちは!


今回は、建物の大きさについて
特に家を大きくすることのデメリットについて
知っておいてもらいたいと思います。

広い大きい家って
あこがれがあると思いますし、
今お住まいの家が狭いと感じられているなら
余計に広い家に住みたいと思われるかもしれません。

でも、家は大きければいいってもんじゃないんです。

家を大きくすることで
3つデメリットがあるんですね。

デメリットの一つ目は
「耐震性が悪くなる」ことです。

家が大きくなればなるほど
地震が起きたときに家を支えるために
必要な力が強くなります。

そのため、家が大きくなればなるほど
耐震性能を備えるのが難しくなります。

デメリットの二つ目は
「維持費が高くなる」ことです。

広い部屋ほど照明や冷暖房をするのにも
たくさんエネルギーを使いますよね?

そうなると、光熱費が高くなってしまいます。

また、大きい家だと固定資産税も
増えてしまいます。
固定資産税は家を持っている間は
ずっとかかる税金です。

毎年の差は1万円でも
50年60年になると50万60万円の差になります。

また、元々の値段も高くなるので
住宅ローンの支払いもその分増えてしまいます。

要は、家を大きくするほどお金がかかる
ということですね。

デメリットの三つ目は
「将来子どもがいなくなったときにさびしくなる」
ことです。

あなたもお子さんがいらっしゃると思うので
設計するときは子ども部屋を2つくらい
作られるでしょう。

子どもをのびのび育てたいからといって
広い家を建ててもずっとずっと
広いスペースが必要になるわけではありません。

高校や大学を出て子どもが独立すれば
子ども部屋は丸々余ってしまいます。

広い家を建ていると
夫婦二人だけでいるさびしさを
感じてしまうと思います。

私の知り合いの話です。
彼は子どもが出来る前に
30坪の家を買って住んでいましたが、
「ムダに広く感じてさびしかった」
と語っていました。

今子どもが二人生まれて
ちょうどいいくらいになった
と言っています。

大きい、広い家へのあこがれはあると思います。
でも、地震や将来のことを色々考えると
そこまで大きい家にしなくても
いいかもしれませんね。

さて、建物の広さも重要ですが
断熱性能も非常に重要です。

なぜなら、断熱性能が違うだけで
夏の暑さや冬の寒さが違います。
つまり、何十年という生活の
快適さが変わってしまうということですね。

なので、断熱については各建築会社も
力を入れているところです。

しかし、実は「見せかけ断熱」を
やっている建築会社もあるんです。

次回はその見せかけ断熱の見分け方を
あなたにお伝えしたいと思います。

次回もお楽しみに!





浜砂住建HP
http://takumibito.com/

facebook
https://www.facebook.com/takumibito1/timeline/

アメブロ
http://ameblo.jp/takumi-hama/

この記事を書いたプロ

有限会社 浜砂住建 [ホームページ]

不動産コンサルタント 宮地輝将

宮崎県宮崎市清武町今泉甲1010-8 [地図]
TEL:0985-85-5035

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
宮地輝将 みやちてるまさ

子どもにも高齢者にも、全世代が健康に暮らせる住まい(1/3)

 住宅建材に使用される化学物質が原因で起こるといわれているシックハウス症候群。これを予防するため、2002年の建築基準法改正により住宅建材では1種類の化学物質の使用が禁止。1種類が制限、11種類が指定値策定とされています。この基準が一般的と...

宮地輝将プロに相談してみよう!

テレビ宮崎 マイベストプロ

独自基準を設けた素材選びと技術で、本物の省エネ健康住宅を造る

会社名 : 有限会社 浜砂住建
住所 : 宮崎県宮崎市清武町今泉甲1010-8 [地図]
TEL : 0985-85-5035

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0985-85-5035

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮地輝将(みやちてるまさ)

有限会社 浜砂住建

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
耐震・制震・免震構造

免震建物と基礎との間に免震装置を設置し、地盤と切り離すことで建物に地震の揺れを直接伝えない構造です。 ...

[ 設計の考え方 ]

カラーコーディネート
イメージ

新築住宅を建てた時住宅のインテリアデザインは住んでからがらりとイメージが変わるものです。そ...

[ 設計の考え方 ]

クワガタ
イメージ

20年ほど前僕が小学生の時は夏になると家の近所の外灯にクワガタやカブトムシが飛んできていました...

[ 地球環境 ]

窓があっつい!!
イメージ

太陽がじりじりと暑いですねー!!!お盆を過ぎたとはいえまだまだ夏真っ盛り暑い日は続きそうです。...

[ 窓に関して ]

パッシブという考え
イメージ

こんにちは!!浜砂住建の宮地です。今回は“パッシブ”という住まいづくりの考え方を少し紹介します!...

[ 設計の考え方 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ